イタチをしっかり撃退するためには|生活を脅かす害獣を撲滅せよ

二種類のイタチ

作業員

害獣駆除業者に依頼される動物の中にイタチがいます。撃退を依頼されるイタチは大きく分けて二種類のものがいます。ニホンイタチという種類のものは、沖縄以外のニホン全域に広く生息しているイタチです。口元が白く目の周りは黒、全身は茶褐色です。お腹の部分は色が淡くなっています。主に川や沼、森林地帯で生息しています。もう一種類がチョウセンイタチです。こちらのイタチは本州の南部に多く生息しています。よく市街地で見られるのがこのチョウセンイタチです。ニホンイタチと違うのが額の中央から鼻の辺りに濃褐色の斑紋があるという点と、一回り大きいという点です。また、チョウセンイタチのほうがより凶暴です。どちらもオスのほうが大きいという特徴があります。イタチは出産時期になると巣を探します。その巣としてよく民家の屋根裏が使われるのです。屋根裏で巣が作られると糞や尿が撒き散らされ不衛生な状態になるでしょう。イタチの子どもが走り回り騒音になることもあります。駆除業者に依頼することでイタチを撃退することができます。しかし、鳥獣保護法により捕獲に適切な期間が決められていたり、殺して駆除することはできません。とくにメスは非狩猟獣なので適切な期間であっても捕獲することはできないのです。イタチの撃退方法は、追い出して二度と住み着かないようにするという手段なのです。自分で撃退しようとすると噛まれる危険性もあるのでやめましょう。侵入する入り口をしっかり塞ぎ、綺麗な状態に戻すためにも業者に任せましょう。